斜め45度からの理説

どこにも転がっていない理論や方法論を語ります。

記憶に残る読書術

f:id:fukaihanashi:20160814163700j:plain

大抵の本は、一読して終わる。翌日にはその内容のほとんどを忘れている。無用な本であれば、そんな読み方でも構わないだろう。だが、良書に出合えたなら、その内容を頭に留めておきたい、自分の血肉にしたいと誰もが思うはずだ。「何度も読み返そう」と思い本棚に納めたはいいが、途端に安心しきってしまい、ついには読み返さない。そんな経験はないだろうか。私は幾度もある。そこで認識を改めた。良書であろうとも、基本、読み返すことは稀であると。その稀な機会を待つのではなく、出合ったときに、出来る限り血肉にさせたほうがいい。そんな読書の在り方を考案してみた。

 

記憶に残る読書法

やることは簡単だ。

① 気に入った箇所に線を引く
② 線を引いた箇所の前後を読み返す
③ 線を引いた部分を要約して書き出す
④ 要約部分の思索を書き出す
⑤ SNSで読書感想を載せる


解説をしよう。

 

① 気に入った箇所に線を引く

まず、赤ペンを必ず用意する。そして気に入った箇所があれば線を引きながら読み進める。

 

② 線を引いた箇所の前後を読み返す

復習のためにする。これをするだけで、自分がどこに関心を持ったのかが再確認できる。ものの5分でできる作業だが、その効果は大きい。

 

③ 線を引いた部分を要約して書き出す

③と④はノートを使う。ここでは、線を引いた部分を自分なりの言葉で要約してノートに書き出す。線を引いた部分をそのまま書き写すことをしないのは、理解が深まらないからだ。要約はちゃんと理解していないとできない。そのため、要約しようと思うと必然的に頭を使い、理解が深まる。

 

④ 書き写した部分への思索をノート書く

理解を深める一番の方法はアウトプットだ。その第一歩が、本を読んで思索すること。要約をノートに書き出したら、なぜその部分が気になったのか、何を考えたのかなどを書き出す。そうすることで自分なりの見解を持つことができる。

 

⑤ SNSで読書感想を載せる

本とノートを参考にしながら、読書感想をSNSに載せる。第三者でも理解できるように本と思索内容をまとめることで、自分の言葉で考えを表現する力が付く。

 

 

まとめ
この読書法は、否応なく本を4回読むことになる。
1度目は通読、2度目は線を引いた部分の読み返し、3度目はノートへの要約、4度目はSNSへの投稿。4回読めば、通読するだけよりも頭に入る。加えて要約や意見を書くのだから尚更だ。

 

私の好きな哲学者の一人にショーペンハウアーがいる。彼もまた、熟考してはじめて読書が血肉となると説く。

授業や本から得たものが知識となり、その知識によって洞察が深くなるとするならば、なんと簡単なことか。まるで、水をあっちの器からこっちの器に移し替えるようなものではないか。そういうものを、自分の身についた知識と呼ぶのはおこがましくはないか。 少なくとも自分の知識というならば、それは自分でじっくりと考え、思考錯誤したことによって得られたものだけを指すのではないだろうか。そういう体験すらなくて、知識も洞察も身につくはずもないではないか。(『超訳 ショーペンハウアーの言葉』 P162

超訳 ショーペンハウアーの言葉

超訳 ショーペンハウアーの言葉

  • 作者: アルトゥーア・ショーペンハウアー,白取春彦
  • 出版社/メーカー: 宝島社
  • 発売日: 2013/03/08
  • メディア: ハードカバー
  • 購入: 1人 クリック: 1回
  • この商品を含むブログを見る
 

 

 

  

関連記事